静岡県東部の栄養士さん、学校関係者の皆様アドバイスを下さい!!静岡オーガニックフェスティバル ~学校給食プロジェクト~

静岡県東部の栄養士さん、学校関係者の皆様アドバイスを下さい!!静岡オーガニックフェスティバル ~学校給食プロジェクト~

静岡オーガニックフェスティバル ~学校給食プロジェクト~

私たちNPO法人「あしぶね舎」は、2018年12月に行われた静岡オーガニックフェスティバル実行員会のメンバーを中心に設立された団体です。
主に静岡県内の有機農業の普及、有機農家と消費者をつなげる活動、もっと身近にオーガニックを合言葉に、2020年4月に発足しました。

静岡オーガニックフェスティバルは2018年、2019年に沼津市愛鷹運動公園にて行いました。
このイベントはでは静岡県内のオーガニックに特化した生産者、小売店、飲食店、フェアトレードショップなど170店舗が出店し、両年ともに5000人近くの集客があり県内、県外の方に多く認知していただきました。

2020年は新型コロナウィルスの感染拡大により、フェス開催を断念したのちにクラウドファンディングで協賛金を集めて、生産者と消費者をつなげるポータルサイト「ナチュカル」を開始しました。
ナチュカルでは静岡オーガニックマップや生産者からの情報発信などできるサイト運営を目指しています。

2021年度もコロナウィルス影響の為フェスの開催は断念しました。
そこで実行委員会発足時の強い想いでもある、「子供たちの健やかな未来をつくる」を今年度の事業目標に定めました。
その中で子供たちが日々口にする学校給食に有機食材のメニューを入れられないか、と言う議題が出ました。

慣行農法と有機農業との大きな違いは、農薬や化学肥料の使用の有無、それに付随する圃場や作物、除草、害虫駆除に対する考え方の違いもあると思います。

近年、遺伝子組み換え食品が食卓に流通していますが、最近ではゲノム編集食品、培養肉、多国籍企業による種子の独占や過剰な大量生産など、様々な問題により自然の循環や多様性が失われいます。

そのなか、静岡県内で先人たちの様々な知恵や技術で有機農業を行う農家さんがいます。
土づくりに時間をかけ、農薬を化学肥料に頼らず、自然本来の土壌の力を引き出して育った野菜たち。形が不揃いだったり、虫食いがあるものもあります。でも、そこには安心、安全と、野菜の旨味が詰まっています。

私たちには選択できる未来があり、持続可能な生活につながる生活のヒントが有機農業や、古来の日本の生活スタイルにあると考えています。
子供達には学校教育の食育の一環として有機農業の考え方、自然の循環が育む土壌のこと、微生物、虫や草など働きなどを知ってもらいたいと考えています。

そこで私たちの提案として、

1、学校給食の献立に一品だけでも地域の有機食材を使用したメニューを提供したい。

2、映画上映会や有機農家さんの講演会などを行いたい。

私たちは現行の給食のあり方に反対するわけではなく、選択肢の一つとして有機農産物を使用した給食を提案したいと考えています。
有機野菜ができるまでの過程で得られる「学び、発見、気付き」それらを食育という形を通して、子供達と共有したいと思っています。

学校給食に関して具体的な日時などは未定ですが、野菜が豊富にある12月くらいを目安に考えています。

映画上映会については

  1. 映画上映 『いただきます~発酵の楽園~』 オオタヴィン監督
  2. 懇親会 静岡オーガニックウェブ代表・吉田茂氏による講話 参加者によるお話会
  3. 食事 県内の有機生産物を使ったお弁当の販売 

現在、上記内容で検討し、詳細が決まり次第、
内容を学校や教育機関に配布しようと考えています。

しかし現在、私達だけでは静岡県東部の学校給食の現状が把握できていないため、
内容の検討も含め、今後どのような形で告知して行くかを栄養士の方や学校関係者の方と
お話をし、アドバイスをいただけないかと考えています。
この活動に賛同していただき、アドバイスや現状をお話していただける関係者の方は
info@shizuokaorganicfes.com までご連絡をお待ちしています。

至らないところも多々ありますが、県内の有機農業の普及、持続可能な社会の形成、子供達の健やかな未来を作るため、皆様からのご支援、ご協力よろしくお願い致します。

尚、こちらの活動は県中西部で先行して活動されている
「NPO法人 静岡オーガニックウェブ」の方々と情報を交換しながら行っていきます。
7月23日(金・祝) 13:30~16:00 に「オーガニック給食フォーラム in 志太」を主催されます。
情報交換の場としてとっても良い場所になっていますので興味のある方は是非参加して下さい!!

静岡オーガニックフェスティバル実行委員会 一同

報告する

投稿者

循環ワークス
循環ワークス

静岡県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。